「戦う!正義の司法書士」がキャッチフレーズのウォーリア法務事務所は、闇金に対して立ち向かう司法書士事務所です。
闇金被害相談の詳しい情報は、ウォーリア法務事務所公式サイトで確認してください。
すぐに相談する場合は、通話無料の相談ダイヤル0120-037-277を利用することをおすすめします。

2014年04月11日

困っています

Q1.私は2年半前にベルーナから20万借りまして、支払いが滞り放置しており、今年になって債権譲渡の手紙を譲渡先であるティーアンドエスという会社から送られてきました。
そして支払い意思確認の手紙から始まり先日は訪問予告通知の手紙が送られてきました。
内容といいますのが、

貴殿は当方より再三再四に渡り送付しております通知に対し、何等誠意を示して頂けませんでした。従いましてこのまま同様の対応では任意にお支払頂けると考えられる余地が無いと判断するに至りました。そこで我々は貴殿に対する債権を訪問・集金による回収手続きに進めさせて頂くことになりました。現時点においては集金対象者リストね作成、並びに費用・日数等の算定は終了し、地域によっては、既に集金対応を開始してしているところもあります。我々としては穏便に解決を図ろうとしておりましたが、貴殿にその意思は無いようでしたので、貴殿のご希望に沿い、突然の訪問により交渉・回収を図ることに致しました。
云々…

サービサー認可のない業者のようですし、不安を煽り、脅しともとれるこの文面にどうしてよいのか分からず相談致しました。
何卒宜しくお願い致します。


A1.不安を煽り、脅しともとれるこの文面にどうしてよいのか分からず相談致しました。

特に訪問自体が許されないというわけではないですが,常識の範囲を超えた取り立ては許されないと思います。
例えば,支払いの猶予,分割を求めることはありえます。
相談者で対応しきれないということであれば,弁護士に入ってもらったほうがいいと思います。

Q2.ありがとうございます。
訪問の常識の範囲といいますと…
訪問時間や訪問者の脅威的な態度みたいなことですか?
どこまでが常識の範囲なんでしょうか?教えてください。

A2.訪問時間や訪問者の脅威的な態度みたいなことですか?

深夜であったり,家の前に座り込んだり,大声で騒いだり,相談者を怖がらせる態様での取り立てです。

ご参考までに、貸金業法施行規則では、取立て行為の時間規制があります。

(取立て行為の規制)
第十九条  法・・・に規定する内閣府令で定める時間帯は、午後九時から午前八時までの間とする。

Q3.あと、サービサー認可されていない業者の債権回収に関してはいかがなのでしょうか?

A3.何となく、きな臭い感じですね。
もちろん、無許可で債権回収業をすることは違法です。

そもそも、ティーアンドエスと称するところが、
債権を譲り受けたと自称して架空請求をしているだけの可能性もあると思います。
(そもそも、ベルーナと称するところが闇金ということはないですよね?)

急いで支払をしたりせずに、
今までの借入関係書類や、届いた通知書等をもって、消費者センターか弁護士に相談に行ってみてください。

<引用元:弁護士ドットコム>

闇金被害で相談するなら
ヤミ金解決のエストリーガルオフィス
ヤミ金被害救済のことならエストリーガルオフィスへ
posted by wymux3jt at 11:16| Comment(0) | 闇金に関する相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。